補修道具の種類

家具の補修は楽しくしよう

自宅で自分で家具の補修グッズを100均で売っているものを利用すると可能ですが、家族や友人に手伝ってもらうと効率が良いです。
大型の家具だと一人で作業をするのが難しい場合があるので無理をしないようにしましょう。

安定した位置で作業をするのがポイントです。
脚立を使用する場合には特に注意が必要です。
なるべくなら誰かがそばにいる状況で作業をすると安心できます。
いない場合はできるだけ安全な作業位置を確保したり、しっかりとした三脚を使用する事が大切です。
また小さなお子様がいるそばで作業をするのは避けましょう。
材料をなめたり口にいれる可能性があるからです。
小さなお子様が材料を手にとれない場所で作業をするように注意が必要になります。

作業時間と内容を決める

長時間作業をするのは負担になります。
ある程度の作業時間を決めておきましょう。

塗装の状態によりつやありとつや無しを使い分けるのがこつです。
また電熱こてや耐熱保護材があると便利なので100均で売っている家具の補修グッズと共に必要に応じて揃えます。

使い方はそれほど難しくはないのでいらない木片などで練習をします。
何度か使用するとこつがつかめるので便利なアイテムです。

中には100均で販売していないグッズがあるので注意が必要です。
また店舗によって品揃えが違うので注意をしましょう。
わからないことがあればスタッフに質問をしたり、入荷の状況を確認します。
人気のある商品は頻繁に補充があるので使いやすさの目安になります。